脱毛サロンに通って失敗するケース

脱毛サロンの殿堂

脱毛サロンに通って満足する人と失敗する人の違いはなに?

脱毛サロン成功と失敗の分かれ道のイメージ画像

脱毛サロンは1回で毛がツルツルになるわけではありません。ツルツルを目指すなら、18回くらいは通う必要があるんです。お金もだいたい30万円くらいは用意したいところ。そんなに!?と思われるかも知れませんが、未来の自分にツルツルボディをプレゼントするにはこれくらい必要なんです。

それならなおさら!絶対に!ことさらに!失敗なんかしたくありませんよね。何十万もかけて泣かされるわけにはいきません。

サロン選びで大失敗した例(実例をもとに構成しています。)と、どう防いだらよかったのか?満足脱毛ライフに変えるためのヒントを挙げてみましょう。

お金が無駄に!脱毛プラン選びを大失敗

「Vラインとワキだけ脱毛しちゃえばあとはそんなに気にならないかな?」と部分脱毛をはじめました。でも脱毛8回目くらい「ちょっと毛が薄くなってきた♪」と思った頃です。

鏡でチェックしてみると、ワキとVラインはたしかに整ってきてるのに、よく見るとひざ下のすね毛が処理漏れでぴょんっと出てたり、へそ下にムダ毛が生えてたり・・・。処理できている場所とのギャップからほかのムダ毛が目立ってしまって気になって・・・、結局全身脱毛に切り替えました。(22歳・アルバイト)

満足への道:全身脱毛を最初から契約するのがお得!

部分脱毛8回までにかかったお金は8万円ほどだそう。そこからさらにワキもVラインも含む全身脱毛に通うことになります。そうなると、最初にかかった8万円の脱毛費用は無駄になってしまったというわけですね。部分脱毛8回で1年半ほど、時間的にもこれは大きな損失です。

脱毛に満足を求めるなら、費用的にもかかる期間的にも最初から全身脱毛をオススメします。最初の決断が大切ですね。

予約がぜんぜんとれない!通いにくい脱毛サロンを選んで失敗・・・

スタッフの感じもいいし、お値段も安くて契約したんですけど・・・。予約をとろうと思ったら行きたい日がいつも満杯で、ぜんぜん予約がとれないんです。

もともと仕事で週末か、平日の夕方くらいしかサロンに通えないので空きがなくて困ってます。(24歳・事務)

満足への道:予約をとりやすいサロンには3つの法則がある!

脱毛サロンは最近、身だしなみとして定着しつつあり大人気です。何度も通わなくてはいけない事もあってか、行きたい日時の予約がとれないという事はよくあります。

サロン側もこれは悩みであり、キレイモやシースリーなどの大手サロンではキャンセルが出たら連絡をくれるシステムを導入したり、脱毛ラボは会員数制限システムをとったり、各社予約を取りやすくする工夫をしています。

銀座カラーや脱毛ラボは脱毛スピードのある新型脱毛器を導入し、1回の脱毛にかかる時間を短くしてたくさんのお客さんを受け入れられるようになりました。新型脱毛器を導入したお店も、予約のとりやすさでは狙い目ですね。

あと新規に開店したお店もまだお客さんが付いておらず、狙い目です。TBCやエピレなど、リッチな価格のお店もお客さんが殺到しにくく予約がとりやすいと言われています。

  • キャンセル待ちシステムのあるサロンでじっくり待つ!
  • 新型脱毛器で回転率UP中のお店を狙え!
  • 新規開店のお店・価格が高いお店はお客さんが少ない

いくつか予約のとりやすいサロンの名前を挙げましたが、この3つの条件のどこかに当てはまれば予約が他よりとりやすい(行きたい日に脱毛できる)可能性が高いです。

予約がとれるかどうかは、月額プランで契約しているひとにとって死活問題です。毎月1万円近い料金を払っても、その月に予約が取れなければ無駄になってしまうサロンが多いからです。

もし予約がとれず、支払った代金が無駄になるのが怖い場合は、回数が決まったパックプランで契約して気長に通うのも方法ですね。カウンセリングの時にも「予約の混み具合はどうですか?」と聞いてみてもいいでしょう。通いやすさは満足度に直結する大事な要素なので、慎重にサロンを選びたいところです。

スタッフの対応に大激怒!脱毛サロン選びの失敗

「公式サイトに載ってたこのコース、興味あるんですけどー」と聞いたら「ありましたっけ?確認してきます。」と行ったきりなかなか戻ってこなくて「え?自分のお店なのに把握してないの?!」って思ったんです。

笑顔もないし、カウンセリングが終わる頃には「毛深いから、もっと徹底的に脱毛したほうがいいですよ〜!」と高額コースを勧誘の嵐。腹が立ったので契約せずに帰りました。もう2度と行くもんかっ!!(26歳・営業)

満足への道:お店より個人の問題かも。問題は冷静に伝えましょう

スタッフの態度はサロンが原因というよりは、スタッフ個人の問題であることが多いです。こちらが静かにしていたいのに話しかけすぎてリラックスできない、あまりに無愛想で悲しくなる、業務への知識が乏しい、仕事ぶりが乱暴、などの場合は担当を変えてもらえるようお店に掛け合っても問題ないでしょう。

あと、最も脱毛サロンのイメージを悪くしてしまっているのが勧誘です。仕事熱心なのはいいのですが、公式サイトや広告で「勧誘は致しません」と書いているのにスタッフがしつこく勧誘した場合は十分クレームとして成立します。万が一お店にスタッフの問題を指摘する場合、気持ちを抑えて冷静に伝えることが大切です。

  • いつ、誰が、何をしたか、問題のあった出来事を感情を挟まず伝える
  • 具体的にお店にどうしてほしいか伝える
  • お店がどのような対応をするのかハッキリ確認する

よく「本当にお宅のスタッフは教育がなってないわ!笑顔もろくにないじゃないの!」というふうなクレームのつけ方をするひとがいますが、これでは「すみません。全員によく言っておきます。」で終わってしまいます。

「◯月×日にそちらを利用したのですが、スタッフの△△さんは挨拶や笑顔が無く、できればもっと気持ち良くお手入れして頂ける方に変えていただきたいのですが?」と伝えればお店側も「失礼いたしました。次からは担当を変えさせていただきます。」と返事ができますよね。(※あくまで一例です。クレームへの対応はサロンごと違います。)

大きな会社の場合クレームを伝えた相手に権限がなく、自分の一存で返事ができない場合もあります。対応が決まったら連絡をもらう形でもいいでしょう。

ただ、あまりにお店全体の態度に問題がある、ミスが多すぎるなどの場合は解約も視野に入れるのも仕方ない事ですよね。中途解約の条件は、最初に交わす契約書でよくチェックすることもお忘れなく。

無料カウンセリングの時点で、よくお店の雰囲気やスタッフの接客態度を見ておくのがまずは大切です。人を観察、契約書はよく読み、何かあったら冷静に伝える、この3つが満足の脱毛ライフのコツなんですね。

脱毛で火傷事故!腕の悪いサロンを選んで大失敗

脱毛した箇所が真っ赤にヒリヒリに。どうやら火傷させられたみたいです・・・。スタッフの腕が悪かったのでしょうか。(20歳・学生)

満足への道:研修が充実してる脱毛サロンを選ぶべし!

フラッシュ脱毛で光を当てるとき、どうしても熱が発生します。法律の範囲内の20ジュールの出力ならほとんど火傷のトラブルは起こらないと言われており、火傷しやすい日焼け状態の肌だと脱毛を断られる場合がほとんどです。事故原因は脱毛器の冷却装置の故障や、操作ミスが多いとされています。

脱毛サロンの求人を見ると多くは「業界未経験OK!」と書かれている場合が多く、スタッフが事故を起こさないための機材への知識や技術は、入社後の研修制度が大事と言えるでしょう。

キレイモを例にとると、2ヶ月の研修の後シスター制度という「1人の後輩を1人の先輩が指導」という徹底した研修システムが導入されています。ベテランが後輩の仕事をチェックしますので、事故は起こりにくいと言えるでしょう。研修がしっかりしたサロンの代表ですね。

万が一火傷を負ってしまった時は、素早く対応する必要があります。なるべく早く皮膚科を受診して「火傷である」と証明してもらい、診断書も書いてもらいましょう。

なぜ急ぐ必要があるかと言うと、何日・何ヶ月も経過してしまった場合、たとえ火傷だったとしても「脱毛サロンでの施術が原因で火傷をした」とお医者さんが証明しにくくなってしまうからなんです。

皮膚科のお医者さんには脱毛サロンへ行った日時、火傷をした状況を伝え「脱毛が原因で火傷をしました」ということを認めてもらいましょう。

お医者さんの診断を受けてから脱毛サロンに「脱毛で火傷をしたのですが」と伝えましょう。こんな事はないとは思いますが、お医者さんより先にお店に相談した場合「それほど重い火傷ではありませんよ。大丈夫です!」と言われるとそれまでになってしまいます。

万が一の事故に関する保証や解約については、最初に交わした契約書に書かれていますので、よく読んでおくことが大切ですね。話し合いがうまくいかない時、お店側が事を重大に捉えない時などは「消費者センターへの相談を考えている」と伝えるのもひとつ方法です。「こちらは重大な問題として捉えていますよ」という意思表示なります。

慰謝料の請求が可能な場合もありますが、高額な弁護士費用が必要になってきます。弁護士さんに支払う報酬は最初に渡す着手金、手にできた慰謝料に応じた成功報酬に分かれます。弁護士さんにもよりますが、概ね着手金が10〜30万、慰謝料の1割ほどが成功報酬になる場合が多いようです。

慰謝料の算定は専門的な知識や交渉が必要になりますので、一概に判断はできません。弁護士さんを雇うとかなりの費用がかかりますし、お互い一度はキレイになるため気持ちをひとつにした者同士、あまり争いたくはないものです。うまく話し合って当事者同士解決することが望ましいですね。

実例から学んで、失敗しないサロン選びをしましょう。お金をしっかり払った分だけ、満足いく脱毛ライフが送れますように!

この記事もよく読まれています

除毛クリームより脱毛サロンの方がいい?のイメージ

除毛クリームより脱毛サロンの方がいい?

手軽に家庭で脱毛できると人気の除毛クリームですが、脱毛サロンに通った場合の費用と比較すると本当にコスト面でメリットはあるのでしょうか?また、肌へのダメージはどうでしょう?実は、両者を比べると脱毛サロンに多くのメリットがあることがわかります。
ブライダル脱毛は結婚式直前でも間に合う!のイメージ

ブライダル脱毛は結婚式直前でも間に合う!

せっかくウェディングドレスを着るなら、ムダ毛の処理も完璧にしておきたいもの。実は、ブライダル脱毛は2週間前に受けても当日ツルツルで過ごせるんです。結婚式までもう時間がない花嫁のために、オススメの脱毛サロンやプランを選んでみました!
脱毛石鹸って本当に脱毛効果はあるの?のイメージ

脱毛石鹸って本当に脱毛効果はあるの?

最近話題の脱毛石鹸ですが、実は毛が抜けるわけじゃないってご存知ですか?脱毛石鹸の本来の目的は、毛が育つのを邪魔して発毛を抑える抑毛効果なんです。ここでは、脱毛石鹸の仕組みや成分、近い効果がある抑毛ローションについて調査しました!

オススメの脱毛サロン最新ランキング
ランキングはこちら