脱毛石鹸の効果を検証

脱毛サロンの殿堂

脱毛石鹸は毛が抜けるわけじゃない!?本当の効果と仕組みとは

脱毛石鹸って本当に脱毛効果はあるの?のイメージ画像

毎日面倒なムダ毛処理、うっかりしてると薄着な夏にハミ毛がこんにちは!なんていう事態も・・・。「普通に生活するだけでムダ毛がなくなればいいのに!!」これはみんな1度は思う事ですよね。

そこで近年ブームになった脱毛石鹸が登場するんですね!洗うだけでムダ毛に作用するといいますが、効果のほどはどのくらいなんでしょう?

脱毛石鹸とは?効果と仕組み

「脱毛石鹸って名前のイメージからすると、泡を立てて洗うと、毛がズルズルっと抜けるみたいな感じ?」と思いますよね。

でも実はそんな強い効果ではなく、脱毛石鹸の作用はもっともっとマイルドなんです。

簡単に仕組みを説明すると、あらゆる成分で毛根に働きかけて「毛が育つのを邪魔する」のが脱毛石鹸の正体です。この効果を一般的には脱毛ではなく、抑毛と呼びます。

なので、洗ったとたんにズルッ!と抜けるような強烈アイテムではないんですね。

脱毛石鹸というよりも抑毛石鹸?効果はマイルド!

脱毛石鹸!というインパクトのある名前の割にマイルドな脱毛石鹸の効果、多くは植物から抽出されたエキスや酵素などが毛根に作用することで抑毛効果を発揮するとされています。

使い続けることでムダ毛が育つのを邪魔し、剃ったりサロン脱毛した後の効果を少し長続きさせるには効果的と言えるでしょう。脱毛石鹸はムダ毛処理の主役ではなく、脇役と言えるんですね。

脱毛石鹸にはどんな有効成分が入っている?

ムダ毛が育つのを抑えてくれる脱毛石鹸には、具体的にどんな成分が入っているのでしょうか。商品によって多少個性はありますが、代表的な成分を見てみましょう。

有名な脱毛石鹸K-STOPやケアレスリムーバーなどにも含まれている成分たちなんですよ。その他の脱毛石鹸で違う成分が抑毛目的で配合されていても、ここにある成分と近い役目のものがほとんどです。

イソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンに似た性質を持つ成分です。主に大豆などに配合されており、ムダ毛の成長を抑える効果があります。

女性が男性よりも体毛が薄いのは、女性ホルモンが分泌されることでムダ毛を生やす男性ホルモンの働きを抑えているからです。近いメカニズムでイソフラボンも抑毛してくれるんですね。

ラレアディバリカタ葉エキス

カシの木の一種から取り出されたエキスで、体毛を生み出す毛根の細胞に作用してムダ毛を抑えてくれる効果があると言われています。

ただ、科学的にはっきり効果が証明されたデータが無い成分でもあります。研究が待たれますね。

ブロメライン

いわゆるパイナップル酵素です。よく酢豚にパイナップルを入れるとお肉がやわらかくなる、と言われている正体ですね。

これはブロメラインが消化酵素の一種で、たんぱく質を破壊する性質があるのでお肉がやわらかくなったんですね。同じ原理で毛根の組織にもダメージを与え、抑毛すると言われています。

このように、脱毛石鹸の成分は自然から作られたマイルドなものが多いんですね。成分から見ても、作用がゆるやかな事がわかります。

脱毛石鹸を使うメリットとデメリット

「ふーん。つまり、脱毛石鹸はムダ毛にダメージを与えて育たないようにするだけなのね。」そうなんです。

正直なところ、今ある毛をなんとかしたいのなら今まで通りムダ毛処理をするしかないんですね。そして普通の石鹸と違う成分が配合されているので、使うのにもメリットとデメリットがあるんです。

脱毛石鹸のメリット

脱毛石鹸を使うメリットはひとつ、長く使い続ければムダ毛の成長を抑える可能性があることです。剃ったりサロン脱毛した後、きれいな状態が少し長持ちする作用があります。

脱毛石鹸のデメリット

  • ムダ毛が無くなるわけではない
  • たんぱく質を破壊するため肌荒れの危険がある
  • 石鹸は洗い流すもの、抑毛効果が薄いとの声も

脱毛石鹸は繰り返しになりますが、毛が無くなるわけではありません。そして毛根にダメージを与えるという事は肌にも負担があると考えられるんです。かゆみや痛み、乾燥などを感じたら使用をストップするべきでしょう。

さらに当然ですが石鹸は洗い流してしまうものなので、あらゆる成分が肌にとどまりにくく、効果が薄いという説もあるんです。

脱毛石鹸と抑毛ローション、実はメカニズムが同じ!

「え!脱毛石鹸はデメリットが多いのね。でもムダ毛は少しでも育たないようにしたいし、どうしよう?」そうですね。どんな脱毛をするにせよ、そのお手入れが長持ちするに越した事はありません。

脱毛石鹸と同じメカニズムなら抑毛ローションというものがあるので、こちらのほうが効果的とされています。

ローションだと流さないので成分が肌に残りますし、保湿成分も一緒に入っているので脱毛石鹸より乾燥や肌荒れのデメリットが軽減されるでしょう。

ただ、抑毛ローションも毛が抜けて無くなるわけではありません。

あくまで脱毛石鹸は脱毛の脇役!同じ金額ならサロン脱毛という方法も

「つまりムダ毛処理は続けつつ、補助的に脱毛石鹸や抑毛ローションを使えばいいのね。でもどうかな、効果も薄そうだし必要かな?」そう思ってしまいますよね。

脱毛石鹸は概ね2,000円前後、抑毛ローションも安くて1,500円程度と決して安くはありません。

実は同じくらいのお金、数千円あれば脱毛サロンでワキの脱毛し放題などができたりするんです。どうしても高いイメージのサロン脱毛ですが、近年ぐっと安くなってきているんですよ。

石鹸やローションを買うお金でサロン脱毛ができる時代!

「えっ?脱毛サロンって何万もお金用意して行かないとダメなんでしょ?」と思われるかも知れませんが、今は脱毛戦国時代、どこもお得に脱毛できるコースを次々発表しているんですよ。

ワンコインから数千円でワキを満足いくまで脱毛できたり、月額1万円を切るお値段で全身脱毛が受けられる時代なんです。

もちろん脱毛石鹸やローションとサロン脱毛を並行してもいいですが、どちらかにしかお金を使えないかな?と言う場合はサロン脱毛のほうをオススメします。

お得に通えるサロンの情報はこちらからどうぞ

まとめ:脱毛石鹸は脇役、まず脱毛の方法を考えよう!

脱毛石鹸や抑毛ローションはあくまでムダ毛が育つのを抑えるもの、脱毛ができるわけではないんですね。なので、他に脱毛する方法をしっかり考えなくてはいけません。

カミソリは肌の表面が削れて乾燥や肌荒れ、色素沈着の原因になります。毛抜きや家庭用除毛器で毛を抜いてしまうと肌にダメージになり、さらに皮膚の下で毛が育ってしまう埋没毛という現象が起きて脱毛しにくくなってしまいます。どちらもオススメできない方法ですね。

対してサロンのフラッシュ脱毛やクリニックで行うレーザー脱毛は、毛の黒い色に反応する光を当て、毛根に熱を伝えることでダメージを与えます。数日後に毛がポロン!と抜け落ちてきれいになりますよ。毛根にピンポイントでダメージを与えるため、肌への負担が少ないというメリットがあります。

特に脱毛サロンは安い価格で脱毛できるお店も多いので、脱毛石鹸や抑毛ローションを買うお金で本格的な脱毛が受けられたりします。「サロン脱毛は高い!」という偏見を捨ててみると「あれ、こんなに安いー!」という発見があるでしょう。

しかしサロン脱毛も1回でツルツルになるわけではないので、通常1ヶ月ほどでムダ毛が復活してきます。何度もサロン脱毛を繰り返すことでムダ毛が減ってツルツルになっていきますが、その間ムダ毛の復活を遅らせるには脱毛石鹸や抑毛ローションを使ってもいいですね。

脱毛石鹸はあくまで他の脱毛方法のサポート役、と心得ましょう。

この記事もよく読まれています

剛毛や毛深い人は脱毛サロンに通う回数や料金が変わる?のイメージ

剛毛や毛深い人は脱毛サロンに通う回数や料金が変わる?

体毛が濃かったり剛毛の場合は、日頃のむだ毛処理も大変ですよね?脱毛サロンで施術を受ける際も、毛深いと料金が割り増しになってしまうのでは...と心配になる方もいると思います。では、実際に毛の量によって脱毛料金は変わるのでしょうか?
脱毛サロンと家庭用脱毛器ならどっちがい?のイメージ

脱毛サロンと家庭用脱毛器ならどっちがい?

自分でむだ毛の処理をするのも面倒なので、脱毛サロンに通ってきれいに脱毛をしてみたい!でも、家庭用脱毛器の方が安そうだし...。本当はどっちがいいんだろう?という方のために、脱毛サロンと家庭用脱毛器をコスパの面で比較してみました。
脱毛するとワキ汗が増える?噂の真相とワキ汗対策のイメージ

脱毛するとワキ汗が増える?噂の真相とワキ汗対策

ワキ脱毛をしたらワキ汗が増えたという都市伝説って、けっこう有名ですよね。たしかに、ワキ脱毛した後に汗じみが!服に黄ばみが!という人もいるようですが、実は脱毛が原因では無かったんです...。

オススメの脱毛サロン最新ランキング
ランキングはこちら