男子が気にする女子のムダ毛

脱毛サロンの殿堂

男子は女子のムダ毛を実際はどう思っているの!?

男子に聞いた!女子のムダ毛でドン引き話のイメージ画像

女子にとって、ムダ毛の処理は永遠のテーマ。ムダ毛の処理が甘い時に、人に見られてしまった時の恥ずかしさはいいしれません。

ではでは、実際に男子がそんな場面に局面した時、彼らはどんなことを思いどんな行動に至るのでしょうか?

ここでは、そんな男子の率直な心理模様を追跡してみました。

「正直結構ショックでした…」男子の秘めた思い

「胸の毛」要するに、乳首周りの毛ですね。乳輪周りって言ったら、仮に男子が生えてたとしても女子は結構引きますよね。

オヤジ臭いというか、男性ホルモン的な印象があるので。

でも、実際のところ男子の割合でいくと乳首毛が該当する男子は結構多く、女子は割と我慢してるんですよね。しかし!男子は女子の乳首毛にドン引きしてる(人が多い)という驚愕の事実…。

女子の乳輪周りから毛が出ていると、人によっては「ワキ毛より引く」という人も多いほど。

胸の毛って、意外と注意が足りなくなることがあるようで「ワキもアンダーも抜かりなかったのに胸は忘れがち」になることも多いようです。

実際、女子は鏡で見ないと胸の毛なんてほとんど見ないので、念のため自分自身にも胸の毛がないか確認してみることをお勧めします!

その鼻毛はウケ狙いか!?

嘘のようですが「キレイな女子から鼻毛が出てた」という話。やはり一度見た人はその時の記憶が鮮烈に焼き付いてしまい、以後その女性のことを「鼻毛の人」としか見えなくなったそう。

鼻毛なんてバカボンのパパか加藤茶くらいしか連想できないほどのギャグの代名詞。一瞬で自分の存在がギャグに変わってしまうほどの力を持った恐ろしい毛こそ鼻毛と言えるでしょう…。

ちなみに、鼻毛はサロンでも脱毛が出来ない箇所なので、自分自身で念入りなケアをするしかありません。鼻の中を切らないようにどうかお気をつけくださいね。

ごま塩ワキ毛はタブー!ちゃんとワキ脱毛してる?

ワキ毛の処理をカミソリで行うとありがちなのが「ごま塩ワキ毛」。

チクチク毛根部分がワキに残り、その姿はまるで「ごま塩」。ごま塩になったワキを見た男子もやはりかなり引いている様子。

「どうせノースリーブを着るなら”ツルツル”にしていて欲しい」と思ってしまうそう。カミソリでキレイに出来ない場合は一本一本地道に抜いていくしかありません。

おまけに仕上がりも悪いし男子からの評判も悪いと来たら…。女子はやってられませんね(怒)

自己処理は肌荒れや黒ずみの原因になるのでいいことがほとんどないのが事実と言えるでしょう。。

好かれるハイジ女子と引かれるハイジ女子

ハイジニーナ女子のことを最近では「ハイジ女子」と呼ぶそうです。

では、好かれるハイジ女子と引かれてしまうハイジ女子にはどのような違いがあるのでしょうか?

ハイジニーナと呼ばれる部分、いわゆるデリケートゾーンですが、お手入れの種類としてはハート型やドロップ型、Iライン型など、様々なセクシーな形にすることが可能です。

これ、本当に好きな男子は大好きです。自分からわざわざ「こんな形にしてくれ」というほど好きな男子もいますが、大半はアダルトビデオの影響です。

すると、その時は好きな人の意向に沿ってその形にしても、時の経過とともにお別れしてしまって別の方とお付き合いした時などに悲劇が起こります。

「やりすぎてる女子=遊んでる女子」と思う人が大半だからです。おまけに「前の男の影響か」と無駄に勘潜られることもあるのでますます面倒です。無毛状態と呼ばれるいわゆるパイパンにしても同じことが言えるでしょう。

適度な処理は密着度を高めたり衛生的だったり、女性らしさが増したりと、喜ばれることが多いです。

ただ、VIO周りについては、永久脱毛はしないほうが賢明と言えます。まだ見ぬ未来のお相手に合わせる選択肢を残しておくことも必要です。

結婚で手に入れたのは安定、なくしたのは羞恥心とムダ毛のない肌

結婚をすると安心感が生まれます。「一生このヒトと共に過せるのね。」そう思えることで心は安らぎを得られるのですね。

ただ、安らぎを得ると同時に「怠惰感」が生まれてしまうことはよくある話。特に子供ができてしまうと「恋人同士」から「パパとママ」に突然切り替わってしまうこともよく見受けられます。

すると真っ先に気が抜けるのが「ムダ毛の処理」。「この人は女ではなくなってしまったんだな、と思ってしまった」という世知辛くも率直な意見も見受けられました。

妊娠・出産を経験すると日々が慌ただしく、脱毛どころではなくなる気持ちもよくわかるのですが、旦那さんも寂しい気持ちになってしまうことは記憶の片隅に入れておいてあげることが夫婦円満の秘訣と言えるでしょう(^-^)

【結論】女性はキレイなものという男の幻想を壊さないであげましょう

検証すればするほど、女子にしてみると「あんた何様のつもりよ」というムカムカした気持ちがわき起こるのはおそらくあなただけではありません。。

今回のお声は、世界中のすべての男性がこれらのように思っているわけでもなく、あくまで「こう思っている人が多い」という生の声を集めたものです。

ただ、これらの気持ちを女子の前で一生懸命隠し持っている男子がいるのも事実。あなたの好きな人も、ひょっとしたら同じことを感じた経験があるかもしれないのです。

自分の身に当てはまるところは真摯に受け止めて、失敗を未然に防ぐに越したことはないと言えるでしょう。

あなたの好きな人が、よりあなたを想ってくれるように、気をつけどころのヒントとしてご参考にしてみてください(^-^)

ただその一方で、みんながみんな今回のように感じてるわけではないことも覚えておいてほしいです。

そんなに女性のムダ毛ばかりチェックしている男の人なんて、むしろ気持ち悪いじゃないですか(笑)

それでも「ひょっとしたら見られてるかもしれない」と気になるなら、自分のために全身を脱毛をしてしまうのはとても良いことだと思います。

なんといっても、自分に自信がつくので。自分に自信をつけるための自分への投資という考え方が、全身脱毛をする上では一番健全かつ建設的な考え方と言えます。

逆に、「それならワキだけでもしとこうかな」と思ったら、ワンコインでできるミュゼだってとても良いと思います。

自分自身に本当に必要なものは、どんな脱毛なのか改めて考えてみましょう。結局男子はいくつになっても、女性はキレイなものと思っていたい生き物です。

その理想を壊さないように、応援してあげるくらいの気持ちでいるのが良いのではないでしょうか(^^)

この記事もよく読まれています

ミュゼの脱毛体験記のイメージ

ミュゼの脱毛体験記

いまや脱毛サロンの代名詞とも言えるミュゼ・プラチナム。ワキ脱毛と言えば、ミュゼを思い浮かべる方もきっと多いと思います。そこで、脱毛サロンの殿堂運営スタッフが、実際にミュゼのワキ脱毛キャンペーンに申込み、無料カウンセリングを受けてみました。
ミュゼの脱毛体験記:施術スタート!のイメージ

ミュゼの脱毛体験記:施術スタート!

前回、ミュゼの初回カウンセリングが無事に終わり、いよいよ今回から実際の施術がスタートします。当日の流れやどんな手順で施術が進んでいくのか、予約はちゃんと取れるのかなど、知りたい情報をたっぷりと公開します!

オススメの脱毛サロン最新ランキング
ランキングはこちら