家庭用脱毛器と脱毛サロンの比較

脱毛サロンの殿堂

対決!脱毛サロンと家庭用脱毛器の勝者はどっち?

脱毛サロンと家庭用脱毛器ならどっちがい?のイメージ画像

これから本格的に脱毛をはじめようと考えている方は、CMなどでよく見かける脱毛サロンに通ってみるかな...と思っている方もいれば、同じくよく見かける家庭用脱毛器を買ってむだ毛処理をしようかなと考えている方もいらっしゃると思います。

ただ、どちらの方法で脱毛するかを決めきれないという方もかなりいるのではないかと思います。

脱毛サロンと家庭用脱毛器、それぞれにメリットとデメリットがありますが、ここでは両者のコストパフォーマンスの面からその違いをご紹介していきたいと思います。

コスパで比較【家庭用脱毛器編】

家庭用脱毛器は、色々なメーカーがピンキリの値段で販売していますが、価格帯は20,000円〜80,000円といったところ。脱毛サロンは安くても全身脱毛で10万円程度しますので、それから比べると確かに初期投資は安いと言えます。

有名どころで言うと、ケノンで73,800円、トリアで49,850円、センスエピで39,800円になっています。こうして見るだけでも、価格に随分開きがある事がわかりますね。

家庭用脱毛器は脱毛サロンよりも初期投資(本体価格)が安いのがメリットですが、忘れてはいけないのがカートリッジ代とカートリッジの寿命、電気代、そして照射能力です。

そうです。家庭用脱毛器は本体を購入したらそれでOKではなく、脱毛を完了するまでの間は追加でカートリッジを購入する必要があるんです。

もちろん、脱毛したい部位が多くなればなるほど照射する回数も増えてその分だけ追加のカートリッジも必要になりますから、ワキだけを脱毛したい場合と全身脱毛をしたい場合を比較すると、後者の方がより多くの交換用カートリッジが必要になります。

カートリッジ代は脱毛器によって様々で、ケノンのカートリッジは1個9,800円、トリアのカートリッジは1個3,900円、センスエピのカートリッジは5,400円程度になっています。本体の価格が高ければカートリッジも高いという訳でもなく、本体が安くてもカートリッジが高いという脱毛器もあります。

また、カートリッジの寿命も一律ではなく、それぞれのカートリッジによって違います。ケノンは50000発の照射が可能ですが、トリアは60000発ですし、センスエピは2000発しかありません。 50000発照射できるタイプであっても、照射面積は1センチ四方から2〜3センチ四方くらいの小さな範囲ですので、全身じっくりやろうと思えば500発〜1000発は必要になります。それでも50回以上は全身に照射できる計算になります。

通常の脱毛サロンでの施術回数は6回〜12回ですので、50回もあれば充分過ぎる程だとは思われますが、ここで問題になってくるのが照射の威力です。家庭用脱毛器では、脱毛サロンの業務用に比べて弱い威力でしか照射が出来ません。

そのため、脱毛サロンでは12回程度の施術でツルツルに脱毛できるところが、家庭用脱毛器では2倍、3倍の時間と照射数がかかるという事になります。また、威力が低いため、家庭用脱毛器は産毛の脱毛には弱いというデメリットがあります。

もちろん、使用回数に応じて電気代もかかることを忘れてはいけません。照射の威力が弱いといえど、それなりの出力がありますから電気代も隠れたコストの一つになります。

家庭用脱毛器をコスパで比較
脱毛器 本体価格 カートリッジ
価格
ケノン 98,000円(税込) ・ラージ:7,700円(税込)
・エクストララージ9,800円(税込)
トリア4X 54,800円(税込) カートリッジ不要。
充電ができれば良い。
エピナード 59,000円(税別) ・EPIカートリッジ 6,000円(税別)

コスパで比較【脱毛サロン編】

では、脱毛サロンのコストパフォーマンスはどうでしょうか? 全身脱毛の料金は総額で12万円〜20万円と言ったところで、単体部位の脱毛になるともっと安いですし、お得なセット料金やキャンペーンなどもありますので、実際はもっと安く通うことも可能です。

脱毛サロンによっては満足するまで通い放題というプランもあり、ワキやVラインなど、何回通っても料金が変わらないという破格のキャンペーンを実施しているところもあります。

また、月額制の支払いや都度払いなど通いやすい仕組み支払いプランを用意しているサロンも多く、最初に大きなお金を用意しなくてもいいというのもメリットの一つです。

それだけでなく、もし施術が肌に合わず、通うのをやめた場合でも返金もしてもらえる制度を採用している脱毛サロンもあります。

具体的な例で見てみると、エタラビやキレイモは月額9,500円で支払いは毎月一定の定額料金となります。仮に1年間通った場合は114,000円となりますが、エタラビ・キレイモ共にお得なキャンペーンを毎月実施していますので、実際は10万円以下で通うことができます。

銀座カラーは厳密にいうと月額制とは少し違うのですが、全身脱毛6回分の施術で約14万円、月々の支払いも1万円程度となっていて、こちらも非常にリーズナブルな価格で全身脱毛ができます。

脱毛サロンのもう一つのメリットは、施術料金だけ払えば別途費用はかからないところにあります。もちろん、通う手間やサロンまでの交通費などの費用はかかってしまいますが、家庭用脱毛器とは切っても切れない電気代やショット数などを気にする必要はありません。

トータルで考えると脱毛サロンに軍配が上がる

家庭用脱毛器で脱毛処理をするのに比べると、脱毛サロンでの施術は敷居が高いと考えていた方も多いと思いますが、これまでお伝えしてきた事例を見るとむしろ脱毛サロンの方がコスパに優れていて、煩わしさもほとんど無いということがわかったと思います。

家庭用脱毛器の場合、施術前の冷却と施術後のケアをきちんとしないと痛みが出たり肌が荒れてしまう可能性があり、一気に脱毛をしようと思って出力レベルを上げるとその分痛みも増します。

対して脱毛サロンで使用している業務用の脱毛マシンは、「照射しながら冷却する」というメカニズムを持っていますのでほとんど痛みを感じませんし、サロンならではの丁寧なケアで肌荒れの心配もほとんどありません。

家庭用脱毛器は、一見すると脱毛サロンに比べてコストパフォーマンス的に優秀なように見えますが、単体の部位ならまだしも全身脱毛をしようとするとリスクと余分なコストが掛かり、トータル金額が脱毛サロンの施術料金を上回ってしまうケースがほとんどです。

脱毛サロンの施術料金は、サロン同士の競争でほぼ下限まで達しました。料金面でのメリットも大きくなりましたが、施術の面で見てもローリスクで負担も少なく、痛みもほとんどありません。

もちろん、うぶ毛もきれいに処理できますし、別途追加料金もなく、家庭用脱毛器に実はありがちなマシンが故障するといった心配もありません。

このように比べてみると、コストパフォーマンスの面でも仕上がりの面でも、家庭用脱毛器より脱毛サロンの方が断然優れていると言えます。

もしどちらの方法で脱毛をするか迷っているなら、まずは一度脱毛サロンの無料カウンセリングを受けてみて、料金や施術の内容が本当に納得できるかどうかを確かめてみることをおすすめします。

この記事もよく読まれています

脱毛サロンでむだ毛処理をするメリットのイメージ

脱毛サロンでむだ毛処理をするメリット

脱毛サロンに通うメリットって、どんな点なのでしょう?自宅でムダ毛の自己処理をする場合はほとんどお金が掛かりませんが、わざわざお金を払って脱毛サロンへ行く人が年々増えているのは、どういった点にメリットがあるからなのでしょうか?
脱毛サロン成功と失敗の分かれ道のイメージ

脱毛サロン成功と失敗の分かれ道

脱毛サロンに初めて通う人は、まさか自分が通って失敗することなんか考えもしないと思います。でも、事前にしっかりとリサーチをせず、ただ料金が安いから、近場にあるからなどの理由で安易にサロンを決めてしまうと、思わぬ失敗を招くことに...。
永久脱毛とは?脱毛の効果・痛み・料金の全てのイメージ

永久脱毛とは?脱毛の効果・痛み・料金の全て

気になるムダ毛をがっちり脱毛したい!でも、一般の脱毛と永久脱毛って、実際はどう違うの?そもそも、どこへ行けば永久脱毛できるの?お金はいくらかかるの?痛みはどれくらい?そんな脱毛初心者の方のために、永久脱毛への疑問の答えを全てまとめました。

オススメの脱毛サロン最新ランキング
ランキングはこちら